サッカーで楽しく運動能力をアップしましょう!

お子さんの習い事で、人気が高いスポーツの一つがサッカーです。近年は女子サッカーの人気も高く、男女問わずサッカー教室などに通うお子さんがおられます。

では、サッカーを始めることでお子さんの成長にどのような良い影響があるのでしょう。いくつかご紹介します。

低年齢から始められることが人気の理由の一つ

教室やクラブによって差はありますが、他のスポーツに比べて、比較的低い年齢の幼児のうちから始められるというのが特徴の一つです。

小さいうちから習い事をして色々な子どもたちと接する機会が増えることは協調性をより育てることに繋がります。また、サッカーはチームで協力して行なうスポーツですから、輪の中に入ることでルールや人を気づかう気持ちがより育つことが期待できます。試合では大きな声で仲間を応援したり、一緒に勝利を喜んだり、反対に負けた悔しさを感じることはお子さんにとって素晴らしい経験になることでしょう。

もちろん小学生ぐらいになってから始めるお子さんも多く、遅すぎるということは全くありません。お子さんがサッカーをやってみたいと思う気持ちを持っているかどうかが一番大切なことだからです。まずは近くのサッカー教室に体験に行ってみることをおすすめします。

サッカー教室ではどのような練習をする?

では、サッカーの練習とはどのようなことをするのでしょうか。サッカーでは色々な動きをする必要があります。

例えば、走ってボールを追う、ボールをドリブルする、ゴールに向かってキックする、シュートを止める…など、たくさんのテクニックが必要です。その中で基本となる動作であるドリブルの練習が大事になります。

これは低年齢でも取り組みやすい練習で、ボールに親しみを持つには良い練習になります。色々な動作がありますが、全ての元となるのが走る力です。その他の競技やスポーツ以外でも大事な基礎となる、走る力が伸びていきます。

また、試合中広いコート内を走り回ることになりますので基礎体力を向上させる為のランニングなどの練習が日頃から行われます。

自主練習もしてみましょう

サッカーはボール1つがあれば練習が可能なスポーツです。

たとえば自宅の庭でも近くの公園で練習ができることは、より上達する為のメリットといえます。サッカーはチームで行なうスポーツですが、リフティングやドリブル、ヘディングなど、一人でできる練習はいくつもあるのでお子さんが自分で練習をするような自主性を育てることにもなるのです。

また、お子さんが自主練習をする時にお父さんお母さんが一緒にドリブルやパス練習をする機会を持つと、親子のコミュニケーションの時間になり、お子さんにとって何より楽しい時間になります。

そうしてサッカーがより大好きになれば、コツコツ努力して上達に繋がり、頑張って一つのことを続けていけばお子さんの成長によい影響を与えてくれるでしょう。

習い事としてのサッカーまとめ

サッカーを習い事として始めるお子さんが増えてきます。

低年齢から始められること、ボール1つあれば自宅でのドリブル練習なども可能なことなどで人気が高く、何よりも、お子さんが一生懸命に練習してチームでの活動をしていくことは、成長によい影響を与えてくれます。